チェルシー・イン・ブルーム

先月末から日本に行っていて、ブログ放置していました。ロシア話を続けたいところですが、まずは帰国早々のロンドン。

 

5月21日~25日、ロンドンではチェルシー・フラワーショー (Chelsea Flower Show) が行われていました。毎年かなり賑わっているようですが、お花に興味のない私には、無縁のイベントなので、行ったことはありません。

でも、こちらキングス・ロード (Kings Road) を中心に行われているチェルシー・イン・ブルーム (Chelsea in Bloom)は、お買い物のついでに見に行けるので、ちょっと嬉しいです。

今年のテーマはアンダー・ザ・シーということで、お花で作ったお魚、ヒトデ、マーメイドなどをディスプレイしているお店がたくさん。1番多いのはタコでしたが、これは何故でしょう? イギリス人のイメージで海の底=タコというわけではないと思うので、単にインパクトが強りからでしょうか? そこら中にタコがいました。

こちらのタコが1番インパクトが強かったかな?

そして何故かオリエンタルな人形も! 

通りすがりの人が興味深か気に眺めています。

毎年テーマは変わるので来年も楽しみですね。