ロンドンでトイレを探す!

先日Network Rail の駅のトイレが全て無料になったということで思い出したので、ロンドンで観光やショッピングの最中に、トイレを利用できるところを紹介します。

 

 

私が日本にいた頃、駅のトイレは汚いところが多かったけれど、初めてロンドンに来た時、汚くてもないよりはマシだと実感しました。今の日本は昔と比べ更にトイレはどこにでもあり、しかも、広くて綺麗なのが多いので、それに慣れている日本人が海外に行って、トイレが見つからずに困ったり、見つかってもビックリさせられることは多いと思います。

海外といっても、ロンドンは他の都市や国に比べて、断然トイレ探しが簡単ですが、他の国でもトイレ探しの参考になるかもしれません。

 

 

ヴィクトリア (Victoria) とかキングスクロス(Kings Cross) とか電車の駅には必ずあります。地下鉄ではなく、郊外に行く大きな電車の駅です。シャワーがあるところもあるので、旅の途中にちょっと汚れをおとしたい人は大きな駅へ。

Network Rail という会社が運営している駅のトイレが去年から徐々に無料になりましたが、Maryleboneなどの他の会社が運営の駅は30p~払います。

地下鉄の駅には基本ありませんが、電車の駅やショッピングセンターに隣接している場合は、そちらを利用します。

ロンドンのコーチステーションはヴィクトリアにありますが、コーチに乗る以外、利用するような場所にはありません。地方に行くと、場所によっては街の中心地にあるので、観光途中にトイレを利用することもあるでしょう。

 

美術館・博物館

 

私は見学に行ったら、必ず移動の前に入ります。また、見学しなくても、トイレだけ借りる時もあります。ロンドンの美術館・博物館は無料のところが多いので、非常にありがたいです。どこも大体、わかりやすくサインが出ているので急いでいる時は、助かります。

但し、トイレに行くのに階段を歩くところが多いような気がします。車椅子用はあると思うのですが、そちらが簡単に見つかるかどうかはわかりません。でも、館内のセキュリティに尋ねると教えてくれるでしょう。

大英博物館は、入場前にセキュリティチェックを受けるので、緊急でトイレを借りるのには向いていません。見学の時だけにした方が良いでしょう。

どこの国に行っても美術館や博物館ではトイレを利用しますが、無料ではないので、余程困っていない限りは見学のついでに行きます。その点ではロンドンの博物館は非常にトイレ魔にはやさしいです。

 

パブ

 

パブは他の国ではない場所ではないでしょうか? ロンドンの場合、昔と比べ大分減ったとはいえそこらじゅうにあるし、イギリス国内、大体どこにでもあります。そして昼も夜も開いているので便利です。

時々「お客様以外のトイレの使用禁止」の張り紙をしているところはありますが、
大体ごちゃごちゃしているので、ささっと入ってトイレを借りても、誰も気にしませんし、お願いすればお店の人も、大体笑ってどうぞという感じです。

パブに慣れていないと、わかりにくいかもしれませんが、大体、奥の方にあります。または、上の階とか下の階がある場合は、地上階じゃない方にある確率が高いです。また、男女で全く別のところもあります。例えば、男性1階、女性地下とか、カウンターを挟んで右・男性、左・女性などです。

パブはどこにでもあって便利ですが、紙がなかったり、汚かったり、流れが悪いところも多いです。汚いのが嫌な人は、ウェットティッシュとティッシュを持ち歩きましょう。流れが悪いのは、そのままにするしかありません。

 

ファースト・フードやチェーンのカフェ

 

パブ同様、上や下の階にあることが多いです。

ファーストフードのトイレは借りやすいけど、ゴミが散らかっていることが多いです。また、スタバやカフェネロなどは、トイレの数が少ないので、ささっと入るのが難しいのと、1つしかないのに、つぶれていたりすることもあるので、私はパブをおすすめします。

 

デパート・ショッピングセンター・マーケット

 

トイレは確実にあるけれど、わかりにくいところが多いような気がします。しかし、商業施設の良いところは、ほぼ確実にエレベーターとエスカレーターがあることです。障害がある方や、階段の上り下りが辛い人は、こういうところのトイレを利用するのが良いかもしれません、

ハロッズ (Harrods) のトイレはとても綺麗だったので、観光がてら寄ってみるのもよかったのですが、最近行ってないのでわかりません。

セルフリッジ (Selfridge) の女性ファッションのフロアは混んでいることが多いので、地下のトイレを利用します。

ハウス・オブ・フレーザー (House of Fraser) は、デパート自体も混んでないせいか、トイレはかなり空いています。

中心地から離れたショッピングセンターは、ゴミが散らかっていることが多いです。

大きなマーケットには、トイレがありますが、簡易トイレの場合もあります。落ち着かない人は、近所のパブなどに行った方がいいかもしれません。

 

大きい本屋

 

ピカデリーのウォーターストーン (Waterstone) とチャリング・クロス・ロードのフォイルズ(Foyles) は、トイレに入りやすいし比較的空いています。

 

大型ホテル

 

日本の大型のホテルと違い、ロンドンのホテルは大型でも入り口のドアやロビーが狭くて、宿泊やレストランのお客様でもなければ入りにくいところが多いですが、ヒルトン・パークレーンやメトロポールのようなところは、わりと気にせずに入れますす。

 

街角の公衆トイレ

 

イギリスにもパブリックトイレが都心の路上や公園などにあります。どんどん閉鎖されて行く地方のトイレとはうってかわって、ロンドンは外から見るとずいぶん立派になっています。

しかし、私はああいうトイレを利用したことがありません。何故かというと・・・・ 最初ロンドンに来た頃、ああいうトイレは汚かったし、すごく怖そうだったからです。ヤクチュウがクスリでもやってそうな気配がしました。 今は新しくなり、頑丈になっているし、取締りも厳しいと思われます、頑丈過ぎてトイレのドアが開かなくなったらどうしおゆとか思ったり、結局、使わないですんでいます。

ちなみに15年ぐらい前から、トイレにブルーライトを使用しているところがあります。オシャレなつもりかと思ったら、トイレで注射を打たないようにということらしいです。また、ロチェスター(Rochester) というロンドンから電車で東に30~40分行った大聖堂で有名な街の、一見日本の観光地にもありそうな公衆トイレには「使用済みの注射器を入れる箱」が壁に取り付けてありました。他のところにもきっとあるでしょう。というわけで、街角の公衆トイレはおすすめしません。

 

 

 

最後に

 

ナイツブリッジ~サウスケンジントン、オックスフォードサーカス~ピカデリーサーカス、シティなど、観光やショッピングでかかせないところには、博物館・駅・デパートがあるし、ちょっと観光地から外れたところでもパブがたくさんあるので、ロンドンでトイレを探すのは、他のヨーロッパの国と比べると難しくありません。

他の国の場合は、デパートやショッピングセンターぐらいしか、気軽にトイレを利用することはできません。パリなどはファーストフードですらロックされていて、お客様以外お断りです。博物館を見学する時やデパートなどで買い物をする時、またレストランやカフェに入った時に、トイレはすませた方が良いでしょう。

モスクワやサンクトペテルブルグでは、時々路上に簡易トイレを見つけます。綺麗ではありませんが、ドイツのロックフェスのトイレよりは綺麗です。どうしようもない時はないよりはマシです。但し、どういうところにあるのか、私が見たのは通年あるのかもわかりません。

 

何にせよ、日本ほど公衆トイレが綺麗で、どこにでもあるところはありません。紙がなかったり、下に落ちていて使えなかったり、トイレの水も、手を洗う水も出ないこともあります。気になる方は、旅行の際には、必ずティッシュペーパーとウェットティッシュを持ち歩きましょう。