モニュメント&おすすめランチ!

1666年の大火の後、クリストファー・レンとロバート・フークによってデザインされ建てられた記念塔・モニュメントとその周辺、お気に入りのランチのお店を紹介します。

モニュメント The Monument of the Great Fire of London

1666年に起こったシティ・オブ・ロンドンの大火事を記念して建てられた記念塔です。4日間燃え続け、シティのほとんどを焼きはらった火事の元になったのは、この塔から202フィート (62m) 離れたプディング・レーン (Pudding Lane) にあるチャールズ2世御用達のパン屋。この塔の高さは、その距離と同じ202ft になっています。

この写真は塔の西側です。下の段には、この記事の1番上の写真がありモニュメントとセント・マグヌス教会のことが簡単に説明されています。ちなみに1番上の写真は数年前のもので、当時は営業時間と入場料も書かれていますが、現在はありません。その上の彫刻は、デンマーク人彫刻家のカイウヌス・シバーによるもので、街を守り・市民に自由を与える王様を表しています。北・南・東側にはラテン語で文字が記されていて、北は’シティの崩壊’、南は’復元’、東は’記念碑建設が始まった年・終わった年’がそれぞれ刻まれています。

塔の入り口は東側にあり、入り口でチケットを販売しています。311段の螺旋階段を上るのは体力がいりますが、塔からの眺めは素晴らしいです。セント・ポール大聖堂、シャード、タワーブリッジなどが見えます。風も気持ち良いです。1度に上れる人は33人限定ですが、たくさん並んでいることは少ないです。

モニュメントとタワーブリッジのコンビネーションチケットは、割引になっています。各1回の入場ですが、同じ日に行く必要はなく、購入日から7日間有効になっているので、ロンドンに長く滞在される方は、ある日はモニュメント、他の日にタワーブリッジに上ってもいいでしょう。

Official sitehttps://www.themonument.org.uk/
AddressFish Street Hill, London EC3R 8AH
Opening HoursApril – September: 9:30am – 5:30pm
October – March: 9:30am – 5:00pm

セント・マグヌス教会 (St Magnus The Martyr)

モニュメントと一緒に回りたいのが、モニュメントから川の方へ降りてすぐのところにあるセント・マグヌス教会です。

セント・マグヌス(オークニー伯爵マグヌス・エーレンドソン)に捧げられた21の教会の1つです。セント・マグヌスは11~12世紀の貴族で、信仰深く柔和な人だったようですが、従兄との権力争いの末処刑されました。彼の物語はオークニーのサガとして語り継がれています。

12世紀に建てられた教会は、1666年の大火事で崩壊され、その後クリストファー・レンに Christopher Wren) より再建されます。火元となったプディング・レーンのパン屋さんの主人トーマス・ファリナーは、この教会の教区委員だったので、この教会に埋葬されました。その後、第二次世界大戦中の爆撃により、ステンドグラスや屋根が破壊されましたが、戦後修復されて現在に至ります。

教会のドアを開けて中に入り、最初に目にするのは17~18世紀の消防車です。大火災当時は手動式のものしかなく、その後オランダ人の開発したホースにより、消防車は発展していくという説明書がありました。

2つ目のドアを開けて中に入ります。右側にはステンドグラス、ドアの上にはパイプオルガン、左側入ってすぐには、古いロンドンブリッジの模型、そして北側の壁にはロシア正教のイコンなどがあります。

火曜~金曜の10.00am -4.00pmに開いていまが、何かイベントなどがあると一般の方は入れません。また12時半からサーヴィスが行われていますので、じっくり見学したい場合は、その時間は避けた方が良いでしょう。

この教会をぬけるとテムズ川です。反対側にHMSベルファスト (HMS Belfast) とシャード (The Shard) が見えます。絶景ランチスポットです。ベンチもたくさんあるので、のんびり食事ができます。ここから階段を上ってロンドンブリッジを渡り、サザーク大聖堂やバラ・マーケットに行くのもあり、川沿いをそのまま歩いてロンドン塔やタワー・ブリッジに行くのもありです。

Offiial Sitehttp://www.stmagnusmartyr.org.uk/
Address Lower Thames Street, London EC3R 6DN
Opening HoursFor Visitors & Prayer: Tue – Fri 10:00am – 4:00pm

オリーブ+スクォッシュ (Olive + Squash)

 

私のシティのおすすめテイクアウェイランチNo1は、なんといってもオリーブ+スクォッシュ(Olive & Squash) のサラダです。モニュメントから30秒のところにあり、店内2階と外にテーブル&椅子があるので、お店でも食べられます。また上に紹介したシャードを眺めながらとか、もう少し先のロンドン塔横、教会の庭など、この周りにはたくさん良い場所があるので、ここでサラダやラップを購入して、外で食べるのをおすすめします。

 

 

お店の’Signature’サラダやラップがイギリス人には人気あるようですが、私のおすすめはなんといっても’Create Your Own’ サラダ。好き嫌いの多い私にはピッタリですし、毎回違うコンビネーションで選ぶことができます。

How to Order CREAT YOUR OWN

STEP1: ベース・2種類 

 

リトル・ジェム (レタス)、ケール、ロケット、パスタ、コルジェ、クスクス・・・

カウンターの後ろにありますが、店内にメニューがあるのでそちらを見て決めてもいいです。私はパスタとリトル・ジェムかケールです。

STEP2 野菜や果物など・3種類

ブロッコリー・カリフラワー・オリーブ・トマト・ピーチ・アップル・ザクロ・チリ・マッシュルーム・ポテト・キュウリ・・

最近登場したザクロが嬉しいです。ブロッコリーとカリフラワーは茹で具合が丁度よくおいしいです。夏にあったブラッドオレンジも良かったです。

STEP3 プレミアム 

ベーコン・ハム・パルメザン・ゆで卵・アボガド・サーモン・ナス・チキン・・・

去年まではプレミアム1種類で料金一律でしたが、今年から値段設定が変更になり、プレミアムを選ぶ必要がなくなりました。またプレミアムによって値段が違います。

私のお気に入りはアボガド、サーモン、タラなどです。アボガドはいつも丁度食べごろのものでおいしいです。

STEP4 トッピング・2種類

クルトン、ヴェジタブル・クリスプス、アーモンド、ナッツ、コリアンダー、バジル・・・ 

STEP5 ドレッシング

ハニーマスタード・サラダクリーム・バルサミコ・オリーブオイル・・・・

私のお気に入りは、アップルサイダーヴィネガー、ジンジャーソイ(しょうが醤油ドレッシング)とシーザーズ・アンチョビの3種類。プレミアムとその日の気分で変えます。イギリス人にはサラダクリームやバルサミコなどが人気のようです。ジンジャーソイの他に、純粋な醤油もあり、それをドレッシングのようにかけてもらっている人もいます。

全部選択するとボールの中で混ぜてくれて出来上がりです。

STEP6 パン

1種類しかないですが、パンが欲しいかどうか聞かれます。パンもおいしいです。

*メニューは時々変更になります。またパンが売り切れになっている時があります。

店内はこういう感じです。写真のメニューはSignature サラダ&ラップです。Create Your Ownのメニューは、この写真の右下にありますがカウンターに並んでいるので見ながらオーダーできます。

 

£7以内でこのお店ほどのボリュームのあるサラダは、ロンドンの中心部ではなかなかありません。サラダといっても火が通っている野菜もあり、旅行中は野菜不足になるので、ここでたっぷりお野菜たっぷり食べて栄養をつけてシティを観光してください!

Official Sitehttps://oliveandsquash.co.uk/
Address 46 Fish Street Hill London EC3R 6BR
Opening HoursMon – Fir 7:00am – 4:00pm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です