ベラルーシ・ビザフリートラベル

旧ソ連構成国の1つベラルーシ。東はロシア、南はウクライナ、西はポーランド、北はリトアニアとラトビアと国境を接している国です。歴史的にも民族的にも、ロシアとはとても関係の深い国です。

1994年から大統領のアレクサンドル・ルカシェンコは‘ヨーロッパ最後の独裁者’などとも言われているので、ちょっと怖い国ではないかという印象を持つ人がいますが、‘古き良きソビエトユニオン’と知り合ったロシア人ほぼ全員が私におすすめしてくれたのがベラルーシです。ソ連に興味がある人、ちょっと西ヨーロッパとは違う国に行ってみたい人、治安の良い国に行きたい人、毎日美人を見たいという人人には絶対おすすめします。

私が最初に訪れた時は観光ビザが必要でしたが(但し、日本人はビザ取得料は無料)、2017年から70ヵ国以上の国民が事前にビザを取得せず、ベラルーシを観光のために訪問できることになりました。当初は5日間でしたが、2018年夏から30日の滞在が許可されています。今後、ますます条件が緩和されることを祈っている人は多いですが、ビザフリー旅行がなくなる可能性もゼロではないので、今のうちに訪れたい人のために、ビザフリー旅行に必要なことを書きます。

 

 

1. 入国・出国はミンスク国際空港

 

ビザを取得していれば、電車でリトアニアやウクライナなどから出入国できますが、ビザフリーを利用する場合は、必ず飛行機で、ミンスク国際空港(Minsk National Airport)から発着が条件。

入国だけこの空港を利用して、出国を電車やバスなどにすると、€550の罰金という噂もあります。入国を電車にしようとした場合は、入国審査で拒否されるでしょう。

 

2. ロシア~ミンスク間の飛行機は適応外

 

ビザフリーでベラルーシを訪れる場合、ロシア発着飛行機は適応外です。モスクワや他のロシアの街からの飛行機を利用の場合は、ロシア・ベラルーシ両方のビザが必要。他の国から、モスクワ乗り換えなどの場合も、ベラルーシのビザは事前取得必須です。

そして、ロシアーベラルーシ間の陸路は、数年前からロシア人とベラルーシ人以外は禁止になっています。(2019年1月現在)

3. ベラルーシで有効な保険

 

€10,000保障される保険が必要。

ベラルーシ国外の保険会社でもOKですが、確実にベラルーシで適用されることが記述されている必要があるとのことなので、ミンスク空港到着後の購入をおすすめします。

保険屋は、パスポートコントロールに入ったすぐところにカウンターがあり、1日€1なので、あらかじめ買うより全然安くて入国確実なので安心。支払いはユーロ、USドル、カードでできます。ちなみに、私が2018年10月に行った時は、実際の滞在よりも1日分多くなっていました。他の方もそうらしいので、多分、飛行機が遅れたり、何かあった時のためではないかという噂です。あくまで噂です。

4. 1日あたり€25の現金

 

入国で調べられた人の話はききませんが、条件になっているので現金を持っていきましょう。

5. 5 Working days 以上の滞在の場合はレジスターする

 

ホテルに滞在の場合は、チェックインの時にホテルがしてくれます。紙を渡されるので、ベラルーシに滞在中は絶対なくさないように注意が必要です。Airbnbなど利用の場合は、基本はレジスターしてくれないと思った方がいいですが、レジスターをしてくれるところもあるようなので、予約の前に確認しましょう。

そしてパスポートはもちろん、帰りの航空券、ホテルの予約確認書も持っていきましょう。まとめて入国審査官に提出すると、ほとんど何も聞かれません。

 

ブレスト&フロドノ限定ビザフリー

 

上記のビザフリートラベルの他に、ブレスト (Бресет) とフロドノ (Гродно)、それぞれ限定のビザフリープログラムがあります。両都市ともベラルーシでは必見都市ですが、いずれの場合も、各都市限定で、それ以外の地域に出ることは許されないようです。私はこのタイプの旅行をしていないので、説明はしませんが、ポーランドやリトアニアへ旅行のついでに、どちらかに寄ってみたい方には良いでしょう。 

最後に

ロンドンからミンスクへは、べラビアの直行便が飛んでいますが、スケジュール的に丸2日移動のためだけに費やすことになるので、初めて行った時は(当時はビザ取得)、ミンスクにべラビアで到着、電車でヴィリュニスへ出国し、ヴィリュニスを観光してからロンドンに戻りました。去年はLOTポーランド航空のワルシャワ経由にしました。LOTは乗り換えがスムーズで便利です。他に時間を有効に使いたければ、ウクライナ航空のキエフ乗り換えがよさそうです。私はワルシャワの空港でアイスクリームを食べたいので、今後もLOTを利用する予定。

日本からの場合は、フィンエアのヘルシンキ乗り換えか、ルフトハンザのフランクフルト乗り換え、またはLOTワルシャワ乗り換えが良いかと思います。*注:アエロフロートでモスクワ経由は便利ですが、この場合はビザが必要になります。

しかし、ビザを取って行った方が移動の自由があります。既述のようにベラルーシは5ヵ国と国境を接してるので、電車での移動も便利です。日本人はビザの取得は無料なので、予定に合わせてビザを取得してもいいですね。

次回は、ビザ取得方法の記事を載せます。

*ここに書いている情報は2019年1月現在のものです。条件が変わることがあるので、渡航前に必ず大使館のサイトをチェックしてください。 また、書類・条件が揃っているのに入国拒否されることは、どこの国でもあることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です