ダークツーリズム

このブログのメインテーマはロンドンの他、ヨーロッパ&旧ソ連諸国のダークツーリズムです。ダークツーリズムと言っても、ホロコースト跡、災害跡、原子力、墓地、刑務所、コミュニズムなどいろいろありますが、私が興味を持っているのは第二次世界大戦と東西冷戦関連の博物館・刑務所・虐殺跡地などです。

私がダークツーリズムに興味を持つきっかけになったのは、2000年に行ったベルリンのチェックポイント・チャーリーでした。ロンドンに来たのが80年代後半、それから90年代と歴史が激しく動いていている時代、ベルリンの壁が崩壊されているのとか、ソ連でスーパーに商品がなく、何時間も並んでいるのをテレビで見ても、大変そうだねと思っただけでした。当時の私の旅行といえば、友達と有名な場所に行って写真を撮り、おいしいご飯やお菓子を食べ、かわいいお店を見つけてお買い物したりの普通の女子旅と、バンドを見に行くのが第一目的で、時間があったらついでに観光するぐらいでした。

2000年のベルリンもコンサートが目的でした。ドイツには興味を持ったことがなかったので、ロンドンに来てから10年以上経っての初ドイツです。行く前のベルリンのイメージは、ベルリンの壁、映画『クリスティーネF』、デヴィッド・ボウイとイギー・ポップが住んでいたぐらい。ドイツはもう来ないかもしれないから、少し観光をしようと1週間ほどベルリンに滞在しました。その時に入ったチェックポイントチャーリーで、東ドイツの生活、思考錯誤して西側に逃げる人々、壁の崩壊などを見て、私がコンサートとクラブの平和な毎日を送っている間に、同年代の人達がこんなことになっているなんて、いくらなんでも私は無知過ぎると、次は歴史の勉強をして出直そうと決意し、その後、東ドイツの本をたくさん読みました。

ソ連は、子供の頃からミステリアスな国でずっと興味があったのと、80年代後半から90年代前半の貧乏学生時代、何度かアエロフロートで日本に帰った時に、モスクワのシェレメチボ空港で乗り換えたのですが、拳銃を持った警官が立ってる薄暗いフロアから、凍りつくような外を眺めながら、1度は行ってみたいとは思っていました。90年代のロシアは混乱していたし、ビザが面倒だと聞いていたので、まずは当時1番簡単に行けたエストニアに行きました。友達との女子旅だったので、街のかわいらしさに感動して歩き回っただけですが、この旅行もまたソ連の他の国にも行きたいという気持ちにさせてくれたのが、今の私に繋がっていると思います。

そして、90年代後半から急激に旧ソ連や東欧の人達がロンドンに増えました。彼らの考え方とか行動が西欧人とは明らかに違っていて、この人達の行動は一体どこからくるのかという疑問も、旧社会主義国の歴史や文化に興味をもった理由です。

こうしていろいろなことが重なり、ダークツーリズムに興味を持つことになった私が今まで行ったWWIIや冷戦関連の場所を一部リストアップしておきます。思いついたところから順番に紹介していきます。

ドイツ

 

ホーウェンシェンハウゼン博物館 Gedenkstätte Berlin-Hohenschönhausen
シュタージ博物館 Forschungs- und Gedenkstätte Normannenstraße
ドイツ・ロシア博物館 Deutsch-Russisches Museum Berlin-Karlshorst
ザクセンハウゼン強制収容所 KZ Sachsenhausen
ヴァンゼー会議記念館 Haus der Wannsee-Konferenz
ツェツェーリンホフ宮殿 Schloss Cecilienhof
ドレスデン旧KGBオフィス

ロシア

 

大祖国戦争中央博物館 Музей Победы
レニングラー包囲と防衛博物館 Музей обороны и блокады Ленинграда
スターリングラード攻防戦博物館 Сталинградская Битва
オールド・サレプタ Cтарая Cарепта

ベラルーシ

 

大祖国戦争博物館 Музей истории Великой Отечественной войны
ブレスト要塞 Брестская крепость
カチューシャ記念碑
Мемориальный комплекс “Катюша

バルト3国

 

カロスタ刑務所 ТЮРЬМА КАРОСТЫ (ВОЕННОГО ГОРОДКА)
グルータス・パーク Парк Грутас
KGBジェノサイド博物館 Музей оккупаций и борьбы за свободу
第九要塞 IX форт
杉原千畝博物館 Дом Сугихары

ポーランド

 

アウシュヴィッツビルケナウ強制収容所 Obóz Koncentracyjny Auschwitz-Birkenau
ワルシャワ蜂起博物館 Muzeum Powstania Warszawskiego

他にもいろいろ行っていますので、思い出しながら記事をアップします。今年はベルリンの壁崩壊から30周年になるので、東西冷戦関連を中心にいろいろ紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です